2007年04月15日

あれから幾年

CinemaScape−映画批評空間−での採点済み映画、現在884本。

最近観たのでとりわけ良かったのは、







と、意外とありきたりなところ。


東大の先生がやってる映画サイト
posted by 日本海式エビ固め at 15:03| 天津 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

明治ですから!…オマエ東大出だろ

年初め、読了リスト。

村瀬学『子どもの笑いは変わったのか』(岩波書店)

笑いの分析、マンガ、テレビアニメを含めた戦後の笑い史みたいなところ。


宮田登『民俗学への招待』(ちくま新書)

章立てが二月ずつの全六章になっているが、内容からしてそうする必然性がいまひとつか。
時々へえと唸らせる薀蓄あり。


齋藤孝『齋藤スタイル 自分を活かす技術』(マガジンハウス)

本の性質上ほとんどいつもと同じモチーフの繰り返し。
この人のアイデアで最もいいのは、教育には「あこがれにあこがれる関係性」が必要つー考え方だ。
まー本を読むまでもなく、既に学生時代にこの人の講義で聞いてたんだけど。
posted by 日本海式エビ固め at 00:29| 天津 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

表現の自覚

http://pixie0619.livedoor.biz/archives/50803945.html?1165924740

おなじみ、愛すべき勘違い野郎こと酒田市民氏の記事への私のコメントをアップ。
まともな反応を待つ。

>要するに日本さえ戦火に巻き込まれなきゃそれでいいってことだ

んと、仮に21の人がそういう考えだとして、それの何がいけないのかね。

近代国家は基本的にテメエのことを主にして思考するわけだけど? 

イギリスもアメリカも孤立主義を取った時代が比較的長く続いた過去があるのは知ってるよね?その時の政権はおおむね保守。

今じゃアメリカは自由と民主を道義として「戦争」を世界へ輸出するようになった。かかる自分が確信した理念で世界を一色にしようとする営み(解放と言う)は、歴史的には左翼的志向、ナポレオン以来。ネオコンは転向左翼つーのは誰でも知ってるネタだしょ?

そういや、この話はもうレクチャーしたな(笑

最近、追及すると、これは自分独自のオリジナルであると開き直る奴が多い。

過去を参照せずに、何がオリジナルなのか。

政治を云々するのに学問的に通用しなくてもいい、自分だけでないし仲間内だけで確信していればいいのなら、ネット上に公開する必要全くなし。

それは表現としての要件を満たしてない。公にさらす意味を踏まえているか。


音楽でも何でも、何の世界でも私の嫌いなのは、バカによるゴミの大量生産だ。どうせ消えるからいいんだけど。

現状のような文化程度&民度では、表現として耐えないレベルものに対して、「あなたのつくったそれはゴミですよ」って一々教えてあげる公教育が必要だな。


ゆずとかに(笑
posted by 日本海式エビ固め at 21:43| 天津 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

未履修の真相

必修漏れ、新潟では県教委関与 科目振り替え調整

静岡・長野・福島県教育長、校長時代に履修漏れ黙認

世界史必修問題はPTAも悪い


当事者としては、この未履修の件がニュースとして取り上げられるのに対して、違和感がある。

最初の赴任先で、受験対応のの教育課程(時間割)という存在を知り、県教委には指導要領に基づいたの教育課程を届けるという慣例を見た。

ようやく報道されているようだが、教委というのは、教育長をはじめとして、現場から転任して行った教員がたくさん働いているわけで、当然、届けられている、とりわけ進学校の教育課程が虚偽だろうということは元々知っているはず

ちなみに本県の現教育長も、私の最初の赴任先で私が仕えた校長で、数年前の当時そこの高校でも裏で世界史を現代社会にフツーに替えてやってたけど、まだ槍玉に上がってないようだな。今回の件について「遺憾に思う」なんて上からコメントしてたけど、今内心はドキドキでしょうな(笑。

だから、当時私は、指導要領に基づかない教育活動が現場でなされている現実を嫌悪しながらも、現場とそれを指導・監視する立場が結託しているために、この慣例は私がたてついたところで、一笑に付されるだけ、こりゃどうしようもないなと諦めていた。

また、できるだけ受験に対応した教育課程というのはPTAの強い要望でもある。PTAというのも一枚岩ではないのだが、受験を第一にというのが正式な要望として学校のトップに伝えられる。そういう傾向は地方の進学校に顕著だと思う。

その際、受験対策としての課外補講を正式に要望してくれと、校長などがPTAに裏で持ちかけるという倒錯した工作もあるのだ。そして後日公式な場で、PTA会長が学校にそれを要請し、校長は「わかりました」となるわけだ。補講手当てが目当てといううがった見方もできるが。

少なくとも教育現場では、教委も含めて、暗黙の了解であったはずだが、また私は報道機関がこれを本当に全く知らなかったのか?とも思う。何か勝ち馬に乗ると言うか、これが常に叩く側に回れる強みだなあと思う。

ま、それはいいとして。

今回の件は、現場は受験に対応するために確信犯的に行ってきた慣例なわけで、それなりの状況判断や理屈があったわけであり、またバックでは教委やPTAが少なくともそれを黙認していた事実が厳然としてあった。それは現実的な地方の受験システムであった。

だから、現場のトップは大体平謝りに終始しているが、「とりあえず今は誤っておけ」という風にしか見えない。

「知らなかった」「認識が甘かった」などと言う校長もいるが、ウソついているか、真性バカかどっちかだ。

受験対策として、みんなやってる暗黙の了解だからいいと思った」、これが本音のはずだ。

それから、先ほど述べたように、教委、文科省が知らなかったことなど絶対にありえないので、監督官庁として自ら責任を明確にせずに、ルールを破った現場が悪いのだという言説には注意が必要である。


今回は取りとめもなくズラズラ書いてしまった。
これを次回は少し別の観点から書いてみよう。
posted by 日本海式エビ固め at 02:49| 天津 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

正統的保守

政治学のイロハ。具体例を以って解説。

pixie酒田市民#0619のブログ:舐めるな
右派はともかくとして、社民党が気にいらない。悪魔の温床、共産党と、同じ。自由が一番!
Posted by 凪★ at 2006年10月06日 06:31

凪ちゃんもサヨクなんだね

自由が何故正義と言えるのかな?
Posted by pixie酒田市民#0619 at 2006年10月07日 13:04

まずもって、自由の価値に対して唾する者は、自らネットでの自由な言論を放棄せよ。

だれが一番自由の恩恵を受けているかを自己批判した上でモノを言え。


というツッコミは置いておいて、自由主義をその中心的な理念にするのは、左翼なのか?という問題だ。

違う。

左翼は手段として個人の自由を揚棄する。歴史を参照すればすぐ分かることだ。

右翼もそうじゃないか、って思うでしょ?

確かにそうなんだけど、伝統的なスタンダードな保守と言うのは、我々の自由を守るためにどうするかって考える。

対国王や皇帝、あるいは諸外国に対して、我々の自由や利益を死守するわけ。だから基本的に孤立主義だ。「光栄ある孤立」と言う。これも歴史を参照すればすぐに分かる。


えーと、だから凪さんの政治学的認識は基本線であってる。

いつもながら、酒田氏は基本的に政治学的認識が、と限定しなくとも、一般的に学問レベルの知識が、ない。

ないから、俗説しか述べれない。コメントが悉くズレる。

まともな学者の本を読んだことがないのであろう。第一何がまともかすら判断できる蓄積がないのだから、仕方がない。


何事にもイロハがあり、イロハのイを理解しているのか否かというのは、すぐにバレる、とゆーことだな。
posted by 日本海式エビ固め at 13:27| 天津 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。