2006年11月03日

未履修の真相

必修漏れ、新潟では県教委関与 科目振り替え調整

静岡・長野・福島県教育長、校長時代に履修漏れ黙認

世界史必修問題はPTAも悪い


当事者としては、この未履修の件がニュースとして取り上げられるのに対して、違和感がある。

最初の赴任先で、受験対応のの教育課程(時間割)という存在を知り、県教委には指導要領に基づいたの教育課程を届けるという慣例を見た。

ようやく報道されているようだが、教委というのは、教育長をはじめとして、現場から転任して行った教員がたくさん働いているわけで、当然、届けられている、とりわけ進学校の教育課程が虚偽だろうということは元々知っているはず

ちなみに本県の現教育長も、私の最初の赴任先で私が仕えた校長で、数年前の当時そこの高校でも裏で世界史を現代社会にフツーに替えてやってたけど、まだ槍玉に上がってないようだな。今回の件について「遺憾に思う」なんて上からコメントしてたけど、今内心はドキドキでしょうな(笑。

だから、当時私は、指導要領に基づかない教育活動が現場でなされている現実を嫌悪しながらも、現場とそれを指導・監視する立場が結託しているために、この慣例は私がたてついたところで、一笑に付されるだけ、こりゃどうしようもないなと諦めていた。

また、できるだけ受験に対応した教育課程というのはPTAの強い要望でもある。PTAというのも一枚岩ではないのだが、受験を第一にというのが正式な要望として学校のトップに伝えられる。そういう傾向は地方の進学校に顕著だと思う。

その際、受験対策としての課外補講を正式に要望してくれと、校長などがPTAに裏で持ちかけるという倒錯した工作もあるのだ。そして後日公式な場で、PTA会長が学校にそれを要請し、校長は「わかりました」となるわけだ。補講手当てが目当てといううがった見方もできるが。

少なくとも教育現場では、教委も含めて、暗黙の了解であったはずだが、また私は報道機関がこれを本当に全く知らなかったのか?とも思う。何か勝ち馬に乗ると言うか、これが常に叩く側に回れる強みだなあと思う。

ま、それはいいとして。

今回の件は、現場は受験に対応するために確信犯的に行ってきた慣例なわけで、それなりの状況判断や理屈があったわけであり、またバックでは教委やPTAが少なくともそれを黙認していた事実が厳然としてあった。それは現実的な地方の受験システムであった。

だから、現場のトップは大体平謝りに終始しているが、「とりあえず今は誤っておけ」という風にしか見えない。

「知らなかった」「認識が甘かった」などと言う校長もいるが、ウソついているか、真性バカかどっちかだ。

受験対策として、みんなやってる暗黙の了解だからいいと思った」、これが本音のはずだ。

それから、先ほど述べたように、教委、文科省が知らなかったことなど絶対にありえないので、監督官庁として自ら責任を明確にせずに、ルールを破った現場が悪いのだという言説には注意が必要である。


今回は取りとめもなくズラズラ書いてしまった。
これを次回は少し別の観点から書いてみよう。
posted by 日本海式エビ固め at 02:49| 天津 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバック失礼致します。
Posted by toshiki at 2006年11月07日 22:29
えびちゃんお久しぶりんこ(ゆうこりん風)。

履修問題は「今更かよ」という気がしましたね、これだけ多くの学校で行われていたのですから。それと別の問題で教育委員会と学校現場との関係はえびちゃんがおっしゃる通りのものである事は知っていましたから、ある校長先生が履修問題で自殺をされた時はかなり驚きました「何で?」って。

個人的には最近のいじめ問題を含む学校、教育委員会の対応批判も、やっと世間に伝わったかという気がしています。臭いものに蓋も飽和状態になってついに表に出ちゃったかって感じ。本来あるべき姿に戻るための今であって欲しいです。
Posted by マダム at 2006年11月24日 10:50
返事できなくてすんませんでした。

おっしゃること、全くその通りだと思います。

校長の自殺については、抱え込まなくてもよい責任、お上のとるべき責任をも一緒に背負ってしまう、特殊日本的現象と思います。滅びの美学というか。自意識過剰というか。

死人が出ると、以後あんまり根本的反省がされなくなっちゃうんですよね。
Posted by エビ at 2006年12月15日 20:36
エビちゃんとからんで(?)ウン年。
初めて言われた。

>おっしゃること、全くその通りだと思います。

今まで簡単なことも難しい語り口調で突っ込みとお叱りを受けていたので〜(爆笑)
マジ感涙(はぁと)


うん、管理職や行政側に死人が出るとそうね。死人にムチは打てないからでしょうか。滅びの美学はこうじゃないと立原正秋氏は嘆くでしょうな。自意識過剰は面白い観点だと思います。私はそんな判断力もない人間が校長か!でしたから。

Posted by マダム at 2006年12月16日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26674513

この記事へのトラックバック

学校の怠慢が招いた必修漏れ。
Excerpt: いじめ問題と時を同じくして発覚した必修漏れ。このままでは卒業出来ない生徒が数万人にも及ぶと言う。養護学校出身でしかも中卒の私から見ると、何故そんなに大騒ぎするんだろう?とあまり興味を引くような問題でも..
Weblog: プールサイドの人魚姫
Tracked: 2006-11-07 22:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。