2005年01月29日

淫の行

淫の行。都では、青少年に対する淫行が処罰される

で、知らなかったのですが「都の方針転換により、都道府県で淫行処罰規定がないのは健全育成条例自体がない長野県だけになる」そうで。ま、規制内容や重さはそれぞれなんでしょうけど。それだけとはね。

軽く戦慄が走ったのは、原文ではないが、「18歳未満の恋愛感情のない性交渉については、これを禁止し、金銭の授受がなくてもこれは同様であり、行った場合は処罰もありうる…」という点。

多くの県等では、既に青少年に対する「みだらな性行為」ダメらしいんだけど、ま、それもそれで、なんだその規定、って思うけど、唯一都だけなのかはどうか調べてないけど、恋愛感情の有無が処罰の基準であるというところ。

いや、何度考えても、……はぁ??…なにいってらべこのふど、っていう感想しか出ない。
これ議会通るんですか? 委員はほとんど賛成だったと。こういう規定の仕方都だけじゃなく大抵そうだったりするの?

あのー、規制するのは外面のみで、内面はその対象にできないってのが近代法だろ。

この際、淫行規制の是非はいいですわ。もちろん私は「淫行」概念にコンセンサスが得られない以上(というか私が納得できるものかどうかで)規制すべきじゃないと思うけど。
なんだ恋愛感情って。捕まえてきた二人を、お役人さまやポリスメンが事後的にお調べになるんでしょうか? あれですか、釣り合いが取れてればパスだけど、ぶオトコやキモ男とカワユイ女子中生が手つないでたりすると、「ちょっとチミチミ」って肩叩かれたりするようになるわけですか? …アレカヨ、そういう風潮だとまたモテ軍得で、キモだけ損かよ。キモと仲良くしてると相手がヤオラしょっ引かれるからね。ますます寄り付きませんわね、それは。キモ保護条例も審議しろと。

何が正しくて何が間違っているのかいまさら全部お決めになりたいのかね。歯磨き粉の正しい値段まで決めるようになる前に、議員ならあったりまえなんだけど、国家等様々な権威による内面の管理の歴史とその結果、どういう思想が発生してきたのか、その辺を参照した上でお話合いを持ってもらいたいものです。

YOMIURI ON-LINE http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050123i301.htm
posted by 日本海式エビ固め at 23:28| 天津 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。