2008年07月13日

タテマエ

大分県教委汚職

まあこれは全国に拡大するね、間違いない。

大変よいことだ。

しかし、はるか昔からの慣行でしょうけど、なぜ今ニュースになるのか、そこが知りたい。

ニュースになるまでのいきさつが知りたい。


現実社会は、言うならホンネの論理とタテマエの論理とで構成されている。

ところで、教育現場というのは、我々のタテマエが、最低でもタテマエとしては通用せられるべき場である。


学校現場で勤務する教員は、教員としての資質や熱意や使命感、専門性などを教員採用試験で厳正に選抜された結果、教壇に立っているはずだという了解は、この社会の最低限のタテマエの1つである。


…イヤイヤキミ、それはタテマエに過ぎず、現実にはコネクションなんだよと……

…親切にも教えて下さるアナタ、

そういうようなことが、大分に限らずあるのは想像に難くなく、本県でも明るみに出て、採用者も全部実名で報道される日を待ち望んでますけどね私は、

現実を教えてくれるのはありがたいんですけどー、

あなた自身はそれをどー思ってんのかしら??

仕方ないと思ってるのか、むしろみんなやってるから自分もあやかりたい…って思ってるのかね?


不公正に採用された教員に子供預けたくないね私は…

子供いないけど

つーか私自身教員ですけど、付き合いたくもないね、そういうのとは…

しかし、不公正に採用されて、どんな面して生徒に向き合うのかね???

それが単純に不思議

面の皮厚すぎだろ

一体何を話せるの??

裏金、買収の重要性を説くのか?


学校は、その本質によって、公正というタテマエがタテマエとして通用しなければならないでしょ。

最低限のタテマエが
posted by 日本海式エビ固め at 11:58| 天津 🌁| Comment(0) | TrackBack(7) | 雑考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。