2008年02月01日

ギョーザ入り農薬と解釈すればOK

それでも中国で作る理由

日本語で読めるニュースをパッと見た感じ、どのメーカーの製品であるかよりも、生産国の方が大事なようで、例外はロイターだけでした。これが海外の報道になりますと、「JTの餃子が〜」という見出しになるようなのですが、この辺が日本の独自性という代物でしょうか。

昨今、中国の後進性を物笑いのタネにして、自らを慰撫する作法がマスコミを中心に席巻してますからね。

これが他国ならむしろ、即刻、JTのセキュリティ体制が…って話になってると推測。

基本的に、最終責任は販売元ですわね。

ニュースでは、奥さま方が、「だから中国産はコワいですよね〜、気をつけないとね〜」みたいなコメントでしょ、ベタに。

こうしてみると中国でモノを作るというのは、ただコストを下げるだけではなく、ある意味ではリスクを減らす効能もあるのかも知れません。つまり自社製品に問題が起こったときに、自社が非難を浴びる代わりに「中国」をその引受先にすることが出来るわけです。JTの食品が危ないのではなく中国の食品が危ないのだ、と。批判の矛先を反らし、責任を押しつける対象を用意するという意味で、made in Chinaは新たな付加価値を持つのでしょうか。

この件を教訓に、それをひらめく社長さんが出てくるかも。


ちなみに中国では基本、水餃子が餃子。残り物を焼く。
posted by 日本海式エビ固め at 01:35| 天津 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。